おおきいツリー ちいさいツリー

 

お屋敷に飾ったクリスマスツリーでしたが、天井にあたってちょっと大きすぎ。先端を切ってポイっとすると、それを見つけた動物が自分の家に飾ります。でもやっぱり、ちょっと大きすぎて、ポイっ。これを繰り返していくうちに、ツリーはどんどん小さくなっていきます。そして最後は。。。

絵もお話もとってもかわいらしいクリスマスの絵本。

誰かがポイっとしたものが、他の誰かの幸せに。心がほんわか温まります。

3歳の息子には、お話がやや長めかなと思いましたが、簡単なストーリーなので楽しめたよう。もう何度も読んでいます。

ウチのちいさいツリー

このお話を読んでいたら、本物のモミの木の香りってどんな感じなんだろう、、、と気になってきました。寒い地方のイメージがありますが、調べてみると日本でも、、、というかなんと屋久島でも育つほど、暑さ寒さにも丈夫なのだそう。

そして、なんとあのIKEAでは、本物のモミの木のクリスマスツリーが期間限定で買えるのだそう。

本物のツリー、いいなぁ。。。

なんて思っていたら、お花屋さんで小さなモミの木のブーケを発見!300円なり!

モミの木のブーケ

購入して子供と「ウチのちいさいツリー」を楽しんでいます。森の中にいるようなフレッシュな香りに癒されます。

ツリーって、いいですね♪

 

『フルリーナと山の鳥』

もうすぐ4歳の息子を図書館へ連れて行った時のこと。

「なにか借りて帰る?」と私がたずねると、テキトーにそこらへんの本棚に手を伸ばし、4冊ほど掴み、「これかりる!」と。

私は内心(はぁ???)と思ったけれど、その4冊が意外にも興味をそそる感じの本だったのでそのまま借りることに。(「買う」場合はそうはいかないけれど、「借りる」ことはいくらでもできる!図書館サイコー!)

その中の1冊がまた、素晴らしい絵本でした。

フルリーナと山の鳥

岩波書店
発売日 : 1974-12-06

アルプスに暮らすある少女の、ひと夏の出来事を書いたお話です。

「日の光」を手にすることはできない。その代わりに「光る石」を手に入れる。

「オオライチョウ」は自分のものにはできない。でも「赤いリボン」が少女の手に残る。

何かを手放した時に、別の何かが舞い込んでくる。

教訓めいた話や面白おかしくウケを狙う訳ではなく、本当に、ただ単に、「自然の法則」が素朴な文と絵で表現されています。

大げさな表現が溢れる世の中、なんだかほっとする絵本でした。

クリスマスごっこ

子供って『ごっこ遊び』好きですよね。

お店やさんごっこ、おままごと、、、、大人の真似がだ~い好き!

そんな息子はとうとう、サンタクロースの真似までするようになりました。

サンタの真似といっても、靴下におもちゃ(トミカ)を入れて、親子で交換し合うというもの。靴下の中に入れるものは一応、お互い相手に見えないように詰めていきます。詰め終わったら交換!

もちろん、入っているおもちゃは既に持っているものなんだけど、「何が入っているんだろう?!」というワクワク感が良いのでしょうね。「あっ、ランエボパトカーが入ってたー!あっ、ラーメントラックも入ってたー!」とか言って、勝手にテンション上がってくれます。

で、テンション上がったら、「もう一回!」「あともう一回!」のエンドレス!!!

この遊びが3歳半の息子には大ヒットして、実は8月からやっていました。

クリスマス、まだまだ2か月も先なんですけどね~。

あ、ちなみに使用した靴下は伸っびのびになります。

『人生は手帳で変わる』確かに変わる!

再読しました。

最初に読んだのはちょうど去年の今頃。一年経つのでもう一度読み返してみました。

「フランクリン手帳」を始めるための説明書

この本はフランクリン・コヴィーという方の『7つの習慣』という本を基に、人生で最も価値あることを実現させるべく、スケジュールを立てていこうという本です。その手帳の事をフランクリン手帳といいます。大きな書店に行くと、このフランクリン手帳のコーナーがあったりします。

手帳術というのは書店に行けば「〇〇式」とか「〇〇手帳」みたいなものがたくさんありますよね。私も20代の頃に「夢を叶える手帳」を使った事があります。燃え尽きましたが。。。

本書は単なる手帳術の枠を超え、自分自身の人生における目標や価値観を見つめ直す事から始まります。「最も価値があること」を実行させるためには、雑務や雑用は最小限にする。そのための具体的な考え方やスケジュール管理方法が書かれています。

ですので、単に「とりあえず時短したーい!」とか「手帳の使い方が分かればいい!」という方には不向きです。というか、重すぎます。

「本当はやりたい事があるのに、本当はこんなはずじゃないのに、時間に追われてやりたい事が出来ない!」とか、「仕事に追われて自分を見失っている!」という人向けだと思います。

私も「育児に追われ、今日明日の事しか考えられない!」という毎日から脱却しようと思い、本書を手にしました。

ちなみに本書を読む前に、樺沢紫苑著『神・時間術』という本も読んでいます。この本の紹介でフランクリン手帳というものを知りました。こちらもオススメです。

『人生は手帳で変わる 3週間実践ワークブック』

この『人生は手帳で変わる』には『人生は手帳で変わる 3週間実践ワークブック』という、フランクリン手帳をスタートさせるための実践本もあり、既にフランクリン手帳を使う!と決めている方にはこちらの本がオススメです。

この本の通りに3週間実践すれば、フランクリン手帳の概要を把握し、使い始める事が出来ます。私もこちらの本とフランクリン手帳を購入してスタートしました。「最も価値のあること」を見つけるために「自分が大切にしていること」「何にワクワクするか」など、様々な質問が用意されており、実際に本に書き込む形で進んでいきます。

 

『人生は手帳で変わる』を読んだ結果、、、

さて、去年初めて読んだ時から一年間、何か変化があったかと言うと、、、

 

ありました!ありました!大いにありました!

 

まず、自分にとって何が最も重要で何がそれほど重要ではないのか、優先順位が明確になったおかげで、「今、この瞬間にすべき事」に集中できるようになりました。

それまでは、あれもやらなっきゃ、これもやらなきゃ、、、と、常にハングリーになっていました。それが、「それほど重要ではないこと」は無理してやらなくてもイイ!と思えるようになり、取捨選択が楽になったのです。

この本で私が得たものは、、、

  • 時間には限りがあり、何かに時間を割きたかったら、他の何かは捨てなくてはならない。
  • 自分を磨き能力を向上させれば、効率が上がり「本当に価値のあること」に時間を費やせる。

考えてみれば当たり前の事ですが、ただそれだけ言われてもなかなかその通りにはできないですよね。でもきちんと自分で納得した上で優先順位が明確になれば、それほど難しくはないのかもしれません。

一冊で自分の行動がこれだけ変われる本ってなかなか無いですよね?

オススメです。

 

オセアノ号、海へ!

とても美しい仕掛け絵本を見つけました!

 

 

海上と海中の両方の世界が立体となって迫ってくる仕掛け絵本。子供のリアクションはバッチリで、「わぁ!すごい!」と言って喜んでいました。とても美しい細かい絵、それに配色も絶妙で大人も楽しめます、、、というか大人向きなのかな。実は図書館で借りてきたのですが、自分でコレクションしたくなるくらい好みの絵です。

まだ水中に潜る事すらできない息子。水族館に連れていったり魚の図鑑を見せてあげたりしましたが、海の中の世界を伝えるのって難しいんですよね。でもこの本は海上の風景と海中の世界が体感できる仕掛けになっているんです。水面を隔てて広がるふたつの世界、少しは分かってくれたんじゃないかな。。。

 

最近読み聞かせをした絵本

最近読み聞かせをした絵本。

今回は全て息子が図書館で選んできたものです。

子供に選ばせると、子供の趣味がもろわかりで面白い!

はしをつくる

ほるぷ出版
発売日 : 2013-03-01

『橋』って、なんかいいですよね。構造美もそうだし、橋から生まれる空間もなんかいい。絵はシンプルだけど、橋から落ちる影も描かれているので空間を感じます。大人が見ても楽しめる絵本です。色々な橋が思い浮かんできて、どこかに行きたい気分になりました。

のって、のって!

文芸社
発売日 : 2014-12-13

バスがいろんな色に変身し、最後はカラフルなバスになるという内容。1歳の時にも図書館で借りたことがありました。色に興味を持った頃だったので、「あか!みどり!むらさき!」と言って喜んでいたのを覚えています。現在は3歳。もう一度読んであげたら、息子の脳みそに「カラフル」という言葉がインプットされたようです、、、ようやく(笑)

ばばばあちゃんの クリスマスかざり

福音館書店
発売日 : 2013-10-05

『すいかのたね』を読んで以来、長男はどうもばばばあちゃんが好きらしいです。図書館で好きに本を選ばせたら持ってきました。今年のクリスマスは、手作りの飾りでも作ってみようかな~なんて思わせてくれる、ほっこり楽しい絵本です。それにしても、もうクリスマスの事を考えている息子、、、早すぎやしないか?!まだ運動会も終わってないぞっ!

ぼくのいえにけがはえて

著者 : 川北亮司
くもん出版
発売日 : 2010-06-01

もうすぐ4歳の息子が図書館で自分で選んできた本です。最近、この手のナンセンス(?)なお話にも興味を持ち始めました。タイトルを見て親は正直「?」と思うのですが、読んであげるとケケケッと笑って楽しんでいました。子供のツボって。。。

 

今まで図書館では私がチョイスして借りてきた本を読ませていたのですが、二人目の出産でなかなか図書館に行けず、パパに連れて行ってもらいました。パパと遊ぶのが大好きな息子。好きなだけパパに読んでもらって、自分で吟味して選んだ絵本だったようです。

 

 

ずんだチーズトースト☆甘じょっぱい意外な美味しさ!

先日の十五夜、我が家ではお団子を子供と作っていただきました。その時余ったずんだ餡をパンにのせ、チーズをプラスしてトーストにしたら、、、

意外に美味しい!!!

主婦の「ずぼランチ」でした。

帝王切開から一ヶ月

帝王切開から約一ヶ月が経ちました。

やーーーっっっっっと痛みが気にならなくなってきた!

家事や育児など、家で過ごす分には何も問題ない。でも重いものをもったりしゃがんで雑巾がけしたりするのは避けたいかも。ちょっと無理すると、後からジンジンと痛んだりします。

あと、なんだか引きつってピリピリする所も。時間が経てば治るのかなぁ。。。

あらためて妊婦とか術後とか、体が思うように動かないって本当に不便だなぁと感じました。やりたい事が出来なくなる。まだまだ先だけど、健康寿命の事まで考えさせられました(^_^;)

普段、家事なんかサボってるくせに、いざ動けなくなると家具の上のホコリとかお風呂の水垢なんかが気になっちゃったりして(笑)

今はたまった家事を少しずつやってます。

早く運動できるくらい回復したいなぁ。

まず体重を元に戻したいのと、体力がかなり落ちてるから少し鍛えないとスキーで足がもたない!

幼児を育ててると、腕力はつくんだけどなぁ。

ブログを始めようと思ったきっかけ

私が本気でブログをはじめようと思ったのは、樺沢紫苑先生の新刊『アウトプット大全』を読んだから。

子育てをする毎日。日々があっという間に過ぎていき、長男はもう3歳。

日々変わっていってるはずなのに、なんだか毎日同じことの繰り返しなんじゃないだろうか、、、

そう思っていた時に出会ったのがこの本でした。

以前から樺沢紫苑先生の本は何冊か読んでいて、メルマガも購読しています。そのメルマガに『アウトプット大全2018年8月3日発売』との告知があり、タイトルに惹かれて即購入しました。

インプットよりアウトプット

本を読んで確信したのは、私には「完全にアウトプットが足りてない」ということ。

著書によると、自己成長するためのインプットとアウトプットの比率は3:7だそうです。アウトプットが7割。

例えば、本を読むのはインプット。その本の感想をSNSなどでシェアしたり、本で学んだ事を行動に移したりするのがアウトプット。

私の場合、インプット:アウトプット=7:3くらいかなぁ。。。

料理教室に通ったり本を読んだりはしていますが、いまひとつ活かせてない気がします。通って満足、読んで満足してしまうんですね。

とにかくアウトプットしたくなった!

例えば料理教室で新しいレシピを習ったとします。そのレシピを家で一度再現したくらいでは覚えないんです。

何度か作ったり、疑問に思ったことを先生に質問したり、それをノートに書き留めたり、、、そのくらいしないと自分のものにはならない。

この本にはそんなアウトプットの方法が80も紹介されています。(よく80個も思いついたなぁと思いました。この80個ものアイデアを出す方法も本に書かれています。個人的にはこの部分が一番面白かったです。)

中でもSNSに読書の感想を投稿したりブログを書いたりすることは、他人に読まれることを意識せざるを得ないので効果が大きいのだそう。自分への、いい意味でのプレッシャーになるんですね。

 

そんなわけで始めてみました。

 

幼稚園児と新生児を育てるママの1日のスケジュール

ウチには3歳の幼稚園児(♂)と新生児(♀)がいます。

新生児のお世話は主に3時間おきの授乳と沐浴。幼稚園児の方は朝の支度に帰ってきてからのおやつ、遊びに付き合い夕飯を食べさせお風呂に入り寝る支度を手伝う。1日のほとんどが育児に費やされます。

2人目を出産してからしばらくは、母に泊まり込みで食事や掃除をサポートしてもらっていました。上げ膳据え膳のなんと助かること!

しかし、一昨日母が帰ってしまいました。

これからは育児に加えて家事と、もし仕事が入ったらそれもこなさなくてはなりません。

夕方に夕飯作りができない!!!

できれば普通に夕方、夕飯を作ることができればいいのですが、幼稚園に通う長男が産後の赤ちゃん返りで私にべったり。まぁ、まだ3歳なので無理もないのですが、いつ泣くかわからない新生児もいるので夕方に夕飯作りは到底できそうにありません。。

マズい、、、ボーッと過ごしたのでは1日が回らない!

苦肉の策、夕飯は朝作る!

一度作ったご飯を全て温めなおしていただくのは電気代の無駄だなぁ、、、とは思うのですが、仕方がありません。夕飯作りは朝から始めて、午前中には終わらせられるようにしました。

とりあえず昨日と今日、何とかこれで回ってます。